Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

コミュニケーションの手段

今日は「人に伝える手段の選び方」について考えてみようと思います。

人に何か伝えること、話すことがあるとき、Line、電話、直接会う、Skype・・・など何を使うか考えると思います。以前Chikirinさんの仕事の超重要スキル その2 - Chikirinの日記を読み、伝える手段を選択することの重要性について再認識しました。

ここ最近あるプロジェクトでほぼ初対面の人達でグループを組み、コミュニケーション手段の選択方法について悩むことがあったので、整理してみます。

 

伝える手段

①会う

②電話

③テレビ電話 e.g. Skype

④メール

⑤特定の人に向けたSNS e.g. Line, Messenger

 

直接会う

メリット

・複雑な話がしやすい

相手の顔を見ながら話せるため、自身(又は相手)が理解しているか否かが伝わりやすい。

・相手との距離が近い

実質的な距離が近いため、相手との心の距離が縮まりやすい。*仲良くなりたい相手

デメリット 

・時間や労力を使う

その場所に行くまでの労力やお金、時間を使ってしまう。そのため会って話すことをある程度明確にしていくべき。

 

電話

メリット

・お互いの意思確認がその場で出来る

デメリット

・表情まで読み取ることが出来ず、互いの真の気持ちは読み取りにくい

 

テレビ電話

メリット

・会う労力をかけず、人の顔を見て話すことが出来る

デメリット

・複雑な話をするには少し用が足りない?

顔を見て喋りながら写真やテキストを送ったり出来るが、会ってホワイトボードを使うより難易度高め。というかし辛い。相手の顔を見られるし、実際に会うのとそんなに変わらないと思いつつ、私は苦手かもしれない。中途半端な感じがあるんです。技術がもっと発展して、画質の鮮度がよくなったり、3Dっぽくなったら会っている感覚になるのだろうか。

 

メール

メリット

・相手の時間をとらない

・あまり知らない相手に使いやすい

会うよりもハードルが低いので、初めての人に対してもコミュニケーションとりやすい。Lineなどと比べるとフォーマル。

デメリット

 ・複雑な話はできない

言葉に表しにくい話は相手に伝わりにくい。また、文字として残してはいけないものも不適。

 

特定の人に向けたSNS

メリット

・相手に負担をかけない

 既読無視などの問題はありますが、相手が都合の良い時に見て返信すれば良いので、負担は軽いです。

デメリット

・返答はすぐ来ないかもしれない

・相手の気持ちは読み取りにくい

 

 

最後に&まとめ

ここまで書いて改めて思うのが、人に伝える手段として「会う」という方法が私は一番好きです。確かに、その人に会うためにお化粧したり洋服を考えたり、電車賃を払って・・・と色々なものを犠牲にしなくてはいけません。それでも相手のことを理解でき、伝わりやすいのは会うという手段です。ということで

どの様なシーンか
誰に伝えるのか

この二つを明確にして手段を選ばなくてはいけないですね!